event-visual

node

event

pragmata
pop up

23 august – 6 september, 2019

event

pragmataは東京・八丁堀にあるアートギャラリーで、主に現代作家の陶器やガラス、金属作品を扱っています。オーナー、ペトロス氏の美意識から選び抜かれたアーティストは国内外を問わず、作品の新たな面を引き出して表現される展示が特徴です。pragmataが作り出す独創的な空間を是非ご覧ください。

date

会期:
8/23 – 9/6

profile

“pragmata”とは、ギリシャ語で”もの”を意味します。その”もの”は強烈な存在感、妖艶さ、ストーリー性によって、多様なアーティストの中から選ばれます。作品は、各々のスタイルと空気感を出すため、独創的な手法で展示され、アーティスト自身は設営に関わらず、ギャラリーが独自に行い、展示初日にアーティストは初めて見ることとなります。それは、作品と自分自身の対話により、アーティストに新たな視点を与え、思考と認識の相互作用を作り出すことを目的としています。
“pragmata” is the Greek word for “things”. A selection of “things” made from various artists are chosen for their strong presence, mysterious allure and that they have a story to tell. Items are displayed in a unique way to create an atmosphere and an individual style. Exhibitions are created and displayed solely by the gallery, artist sees it first time on opening day, as a conversation between the pieces and myself to present them in a new way and create an interaction of thoughts and ideas. A mixture of Japanese and Non-Japanese artists are displayed alongside each other in a borderless and distinctive ambience. A creative space rather than an exhibit space.